講演会の様子
講演会の様子・場所:TKP 仙台カンファレンスセンター
●2012年5月を第一回として、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、当時の代表ラクパ・ツォコ氏をお呼びして講演会を開催。東日本大震災の復興の為のお祈りと法話に続き、ラクパ代表から情報規制や様々な政治的要因などのせいで、なかなか真実を知ることができない、チベットの実情や過去の歴史など、貴重な講演を頂きました。仙台チベット交流ネットワークを立ち上げについても、当時、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所代表の賛同とアドバイスを頂きました。

 

 

tib004

◆2014年11月、仙台市内の某企業の社員研修の一環で、タシルンポ寺代表のガクチェン・リンポチェ師をお招きし、「幸せへ導く心の教え」の講演会が開催されました。この講演会は、社長のご厚意により、社外の御縁のある方も参加する事が出来、120名余りが聴講しました。講演会終了後は、記念撮影、握手などの触れ合いの機会もありました。

 

 

●2012年、インド・ダラムサラにあるナムギャル寺の僧院長(ケンポ)を勤められた高僧チャド・リンポチェ師が来仙された際、仙台市荒浜にある東日本大震災被災者の慰霊塔の場でご供養をお願いし、チベット仏教の経典をお唱えして心からの祈りを捧げて頂きました。

 

そして2013年4月、南インドのタシルンポ寺代表のガクチェン・リンポチェ師が来仙された時にも、チベット仏教の祭壇を荒浜海岸の砂浜に簡易にしつらえ、東日本大震災被災者の為に、ご供養ならびにご祈願して頂きました。

 

 

●2017年8月に、ダラムサラ在住のトプテンさんと、ペマさんのお二人を仙台に招いて、「モモ」作りのプロであるトプテンさんの「モモ」作り講習会を開催し、参加者みんなで交流会を楽しみました。今回の滞在期間中は仙台七夕の時期にあたり、花火や豪華な七夕飾りを一緒に見て、日本の伝統文化も紹介出来ました。